学資保険を比較する為の基礎知識

学資保険のメリット・デメリット

画像

学資保険の概要整理

子供を育てていくうえで大きな問題となるポイント、それが「学費」です。
もちろん十分に支払ができる世帯もあるかと思いますが、少ない金額ではないですから、しっかりと考えておかないと後で大変なことになります。
そんな背景から一般の家庭の場合は学資保険は必須のツールとなるでしょう。
しかし、学資保険の情報収集は少し大変。
はじめての人にとっては特に困難な作業になるでしょう。
そこで、ここではまずその概要を整理してみます。

小・中・高・大と学費は少なからず発生しますが、その中でも特に大きな金額がかかるのは大学でしょう。
現代は大学全入時代とも言われるほどの世の中。
保護者としては、その準備をしっかりと整えておいてあげたいですよね。

大学に入学する際の入学金の他には授業料が必要になりますが、公立・私立いずれの場合でもとりあえず一年間で300万円程度は必要になります。
保護者としては、高校卒業までの間に300万円貯めておくというのが一つの目安になるでしょう。
こう考えると決して不可能な金額ではありませんが、貯蓄するのが苦手な方もいらっしゃるかと思いますし、大学の授業料は二年目以降も当然必要になります。
だからこそ、学資保険への加入で安定して学費を捻出できる状態にしておく必要があります。

基本的には学資保険の満期は高校卒業の18歳に設定されています。
そして、毎月指定した口座から保険料を引き落としていくことになります。
確実に大学資金を用意しておいてあげたい場合には活用しておきたいサービスだと言えるでしょう。
当然、契約者は親や保護者になる訳ですが、契約者に万が一のことがあった場合でも、それ以降は保険料の支払いが免除になります。
もちろん、この場合でも満期金額を受け取ることができます。
学資保険に加入しておけば、こういったメリットを活かすこともできるのです。
サービスにもよりますが、多くの場合で支払った金額よりも多い金額を受け取ることができるのもメリットです。

学資保険には大きく分けて二つのタイプがあることも覚えておきましょう。
貯蓄型というのが一つのパターン。
これは教育資金の貯蓄を着実に増やしていくだけのパターンです。
非常にシンプルなのが特徴。

もう一つは保障型というパターンが挙げられます。
これは学資保険以外にも入院補償などのサービスが付加されているもの。
補償内容が充実されているのがポイントです。

この二つのパターンにはそれぞれメリットとデメリットがあります。
状況にあわせて選びましょう。

Copyright© 2010 Educational Endowment Insurance All Rights Reserved.