学資保険を比較する為の基礎知識

学資保険のメリット・デメリット

画像

保険料のコスト

保護者・親としては子供の将来の為に学資保険http://www.next-generation.com/jsmid/news/5145.htmlには入っておきたい・・・・
そんな風に漠然と考えている人は少なくないかと思います。
国立大学に入学できたとしても決して安くはない入学金を支払い、さらには授業料に関しては最低でも4年間は払い続ける必要があります。
もちろん貯金で補うことができれば良いのですが、なかなかそんな大金を積み立てていくというのは難しいですよね。
そこで学資保険が役立つ訳です。
しかも、学資保険であれば、契約者である親・保護者の身に万一のことが起こってしまっても安心です。
そういった背景から、現状、貯蓄していくという選択肢よりも学資保険で積み立てていく選択をする人が増えています。

しかし、学資保険に加入したからといって、それで全てOKという訳ではありません。
保険料を払うという必要性が出てきます。
メリットhttp://xn--ruqz4zs43b2di.cc/3.htmlが沢山あるはずなのに、学資保険に入ろうかどうか悩んでいる・・・
という人の中にも、そんなポイントで悩んでいる人がいるかと思います。

ここでは、そんな保険料というコストについて考えてみましょう。

まず、保険料を支払う場合に意識したい考え方としては「支出を減らして捻出する」ということ。
貯金をする場合でも同じですが、普通、その分の収入を増やしてコストを捻出するというのは難しいものです。
だからこそ、支出を減らして、その分を保険料の支払いにあてがうのがおすすめ。
節約することで「将来の子どもの為に」投資することになるのです。

さて、支出を減らす・節約するというのは言葉で言うのは簡単ですが、実際にはなかなか難しいですよね。
しかし、事実として「出来る人には出来ている」のです。
そして出来る人が共通して考えているポイントがあります。
それが「固定支出」を削るということ。
電気代や水道代、ガス代、食費などの節約ももちろん効果的ですが、それらは季節や生活などに応じて流動的に変化していきます。
だからこそ、毎月必ず節約できる固定費を削るのが最も効果的なのです。
一番削りやすい固定費として挙げられるのは例えば「タバコ代」。
禁煙すれば健康になりますし、子どもの為にもなる・・・
まさに一石二鳥です。

また、通信費に関してもプランの見直しなどで毎月の支払を削ることができます。
これらの出費を削り、その分を学資保険に充てる。
それが一番労力も少なく、実際の生活に「コスト感」を感じさせない方法です。

今まで、なかなか貯金ができなかった人や保険料のコストに悩んでいる人も改めて固定費の削減を意識してみてください。

Copyright© 2010 Educational Endowment Insurance All Rights Reserved.