学資保険を比較する為の基礎知識

学資保険のメリット・デメリット

画像

どうやって選ぶ?

学資保険のメリットとデメリットは十分に理解しているけど、結局、どの保健会社がイイの? そんな質問を頻繁に見かけますが、この質問に一概に答えることはできません。
なぜなら、その答えは個々人で違うから。
強いて答えを挙げるとすれば「自分にとって一番都合の良い保険の内容」がベストでしょう。

保険というのは、そもそも契約者が請求することで保険金が支払われます。
つまり、自分に万一のことがあった場合でも「待っているだけ」では保険金は支払われないのです。
そこで重要になってくるのが、どんなときにいくら保険金が支払われるのかを把握しておくこと。
学資保険の場合でも、その契約内容はサービスによって様々ですから、具体的に自分には何が必要なのか・・・ 一つ一つしっかりと整理していくことが重要です。
特に学資保険の保障型を選ぶ場合なら尚更でしょう。
生命保険のように「死んでしまったら出る」というわけではないので注意しましょう。

また、せっかく保障型に入っていても「もらえる状況でも知らないから請求しない・・・」これでは保険料のムダになってしまいます。
その為、良くわからない保険には入るべきではないと言えるでしょう。
手っ取り早く学資保険に入りたいという場合なら、貯蓄型がイイかもしれません。
貯蓄型は比較的シンプルなので、ムダが少ないのです。
その代り、カバーできる状況は少なくなります。
その点との兼ね合い・バランスを考えながら学資保険http://www.seps.org/cvoracle/faq/mold.htmlを選んでいきましょう。

とは言っても、殆どの人が加入しているのは保険会社の「オススメタイプ」に入ることが多いと思います。
もちろんオススメタイプでもOKなのですが、最低限チェックしておきたいポイントもあります。
それが、メニューの内容をしっかりと確認しておくということ。
こういった保険会社のオススメタイプはかなり様々な状況に対応しているケースが多いのですが、それと比例して「本当は自分に必要のない内容」が含まれていることがあります。

自分に必要な契約条件かどうかは結局のところ、自分で判断するしかありません。
面倒がらずに自分で確認しましょう。
そこで必要になってくるのが資料請求。
いきなり契約を考えるのではなく、その前にまずは資料を取り寄せてみましょう。
そして、空いた時間に軽く流し読みます。
いくつかの学資保険サービスの資料を用意しておくと良いかもしれません。
それらを比較しながら、なんとなくイメージを固めましょう。
その上でどんな契約条件が必要なのかを考えていくのがベストな選び方と言えるでしょう。

Copyright© 2010 Educational Endowment Insurance All Rights Reserved.