学資保険を比較する為の基礎知識

学資保険のメリット・デメリット

画像

覚えておきたい知識

学資保険に加入するかどうかを検討する際には、情報収集が必要不可欠。
様々な種類がある故に、どれを選ぶべきか決められないときには調べながら色々な学資保険を検討すると思います。
しかし、そんなときに保険ならではの単語が出てきたり、独特な言い回しが出てくることがありますよね。
それをいちいち調べて解読するのは大変。
そんな面倒を解消する為に、ここでは、覚えておきたい知識をまとめました。

まず、覚えておきたいのは保険は契約だということ。
その為、ちょっと分かりにくい言葉がでてきます。
保険契約者という言葉が出れば、それは保険会社と契約を結ぶ人のことを指します。
ずばり、学資保険http://seattlefarmbillprinciples.org/donnnamoon.htmlであれば親や保護者がそれにあたります。

そして、学資保険の場合は被保険者と保険契約者が異なります。
保護者が子供の為に加入するわけですから、被保険者が子供ということになります。
被保険者というのは、つまり、保障の対象になる人です。

学資保険のメリットは、保険の契約者に万が一のことがあった場合に、被保険者がお金を受け取ることができるということ。
つまり、保険契約者(保護者・親)が亡くなってしまった場合に子供が学費を受け取ることができるのです。
ちなみに、最近では学資保険と一口に言っても様々なタイプが登場しています。
中には、保険契約者が亡くなってしまった場合に、その後の生活費まで保障してもらえるものまであります。
しかし、当然ですが、その場合は保険料も高くなります。

この生命保険のようなシステムは育英年金と呼ばれています。
育英年金で生活費を給付してもらえるのは保険期間満了まで。
契約にもよりますが、一般的には18歳まで支払われるということになるでしょう。
この保障がついているものは、学資保険の中でも特に「保障型」と言われています。

その点のバランスを考えながら契約する内容を検討していくのがポイントでしょう。
また、もし両親のうち主たる収入が母親にある場合は保険契約者を母親にするのが良いでしょう。
もちろん父親が主たる生計者の場合は父親を保険契約者にします。

受取人という言葉が出てくることもありますが、これは被保険者と同じと考えて良いでしょう。
学資保険の場合は、普通、子どものことを指します。

保険料は契約者が支払う毎月のお金のことを指します。
逆に、契約者が受け取るお金は給付金と言います。
学資保険は一般的に18歳(=高校卒業)が満期です。
この際にもらえる給付金を目指して、毎月保険料を払っていくことになります。

Copyright© 2010 Educational Endowment Insurance All Rights Reserved.