学資保険を比較する為の基礎知識

学資保険のメリット・デメリット

画像

学資保険のデメリット

学資保険http://minnieshouse.jp/hituyousei.htmlは子供を確実にしっかりと独立させる為に便利なツール。
活用方法次第では、非常に役立ってくれるサービスです。
そのメリットは計り知れないほど大きいものでしょう。
しかし、そんななかにもデメリットがあるということを覚えておきましょう。

ここでは、敢えて学資保険のデメリットを挙げます。
ここで挙げる内容を踏まえたうえで活用するサービスを選んでいけば、より効率的に学資保険を活用することができるでしょう。
そのための予備知識としてデメリットを紹介しておきます。

まず、はじめに知っておいて頂きたいのは、保険はあくまでも金融商品であるということ。
保険料を払っているから、何か困ったことがあっても大丈夫だろう・・・そんな安易な考えに至っている人が少なくありません。
だからこそ、学資保険に限らず、様々な保険・ローンなどが商品であるということを再認識して頂きたいのです。

保険関連の商品で気を付けておきたいのが「ルール」です。
ルールとはつまり契約条件のこと。
Aという状況になったら○円支払ってもらえる・・・
Bという状況になったら○円支払ってもらえる・・・
そのかわりに私たち客側は毎月○円支払います・・・
こういった契約の条件が重要になってきます。

なぜなら、毎月保険料を払っていても、万が一のことが起きて保険会社に問い合わせると、 今回は支払うことができません・・・
そんな返答をされてしまうことがあるからです。

こういう時に慌てて契約条件を確かめてみると、確かに保険会社の言うことが尤もだった。
となってしまうこともあるのです。

だからこそ、契約の中身が非常に大切。
学資保険では「契約すること」ではなく、「契約の内容」が大切なのです。
あらかじめ契約の内容にあるものしか保険会社からの支払はありません。
だから、保険料を払っているから、何か困ったことがあっても大丈夫だろう・・・と思ってはいけないのです。
学資保険はいつでも引き出せる口座や財布ではないということを覚えておきましょう。

強いて挙げるとすれば、これがデメリット。
この教訓を必ず覚えておきましょう。
その上で学資保険を選ぶことができれば、きっと自分にとって必要かつ十分なサービスを選ぶことができるはずです。

また、学資保険にせよ、生命保険にせよ「保険料」という金銭的なコストは発生します。
しかし、これはデメリットと考えるべきではありません。
なぜなら、保険料を払うことで契約した条件なら「いつでも」保障してもらえるからです。
そんな保険の特長をしっかりと理解しておきましょう。

Copyright© 2010 Educational Endowment Insurance All Rights Reserved.