学資保険を比較する為の基礎知識

学資保険のメリット・デメリット

画像

学資保険の為の家計チェック

学資保険に加入するにしても、加入せずに貯金して子供の入学に備えるにしても、費用を捻出することには変わりありません。
そこで意識しておきたいのが常に家計簿をつけるということ。
そして、その家計簿のチェックを怠らないようにしましょう。
自分自身の目で確認していくことが重要です。

例えば、毎月一定額出ていってしまう固定費は貯金の大敵。
逆に言えば、学資保険のコストを捻出する余裕を生むチャンスともいえます。
そのコスト管理の為にも家計簿をつけていない場合は今日からでも始めましょう。

理想的な収入・支出というのは個々人の価値観や家庭環境などによって異なりますから、一概にこれが正解!という答えを出すことはできません。
しかし、どんな世帯にとっても共通して言えるのは「出来るだけ固定支出は少ない方が良い」ということでしょう。
家計簿をチェックしていくことで、ムダな固定費を削減することが可能です。

例えば、固定費の中でも削減しやすいものとして挙げられるのは「通信費」です。
使わなくても良いはずのタブレットにお金をかけていませんか?
自宅にも職場にもパソコンがあって、インターネット環境は整っているのに無理してスマホを使っていませんか?
もちろん、スマートフォンもタブレットも必要な場合は積極的に使いたいところですが、必要がないのであれば、その点を改めて考え直すと固定費の削減につながるかもしれません。
理想的と言われている数値は「通信費は月収の5%以内」です。
インターネットの固定回線と携帯電話との組み合わせ次第でもコストの削減が可能になることもあるのでチェックしておきましょう。

また、学資保険を選ぶ際にも頭の中を整理しておく必要があります。
例えば、オススメプランなどを選んで、必要のない保障内容まで含まれている場合もあります。
必要なら、そのままでもOKですが、こういった無駄で損しているかも知れません。
学資保険を選ぶ前に、そのメニューをしっかりと検証しておきましょう。
その上で契約することが肝心です。
メニューの検証の際には資料請求をしておくのがお薦めです。
空いた時間などに資料をチェックして、予備知識をおさえておきましょう。
保険会社の人と話をする前に、何が必要で何が不要かを伝えることができれば、自分にとって最適なサービスを選びやすくなります。
結果、学資保険の保険料も適性な価格で済み、無駄なコストで損することもなくなるはずです。

家計をチェックすること、資料を良く読んでおくこと。
この二つがポイントになります。

Copyright© 2010 Educational Endowment Insurance All Rights Reserved.