学資保険を比較する為の基礎知識

学資保険のメリット・デメリット

画像

学資保険を選ぶ基準

学資保険とひとくちに言っても実際には様々な種類http://www.maineantiquefest.com/various.htmlがあります。
アフラックやフコク生命をはじめ、太陽生命やソニー損保、かんぽ保険などなど。
保険会社に関しても挙げていけばキリがありません。
しかも、それぞれに学資保険のプランも複数用意されています。
その中からどれを選べば良いのか、初めて利用するという人にとっては難しいところでしょう。
ここでは、まずはヒントまでに保険のサービスを選ぶ際の基準を解説していきます。

まず、第一の基準として挙げられるのは月々の保険料です。
学資保険の性格として、ある程度長く(できれば満期まで)続けないと元本割れしやすいというものがありますが、これを防ぐ為にも、出来るだけ毎日の負担を少なくしておくことは重要です。
もちろん、値段だけで選ぶのは賢明とは言えませんが、月々の保険料からサービス内容についても考えて良くというベクトルも「ナシ」ではありません。
また、安いだけで選ぶのではなく、元本割れをしないかどうかをチェックすることも忘れずに。

また、この他の基準としては満期時期も参考のひとつになります。
つまり、どの時期に給付金を受けるのかを設定すること。
とはいえ、一般的には大学進学の際に一番大きな金銭的な負担があるわけですから、満了時期は18歳(高校卒業時期)にするのが一般的です。
保険会社としても18歳を満期に設定するのが一般的です。
しかし、最近では入学時に給付が間に合わないというケースも多いようで、ちょっと早目に17歳を満期に設定するサービスも多くなってきています。
中学や高校への進学時に役立つ学資保険も少なくありません。
例えば、満期は18歳の場合でも給付金を受け取る時期は15歳と18歳に設定されているなど。
中には満期が22歳に設定されていて、給付金の支給は18歳と22歳・・・
というものもあります。
いずれにしても、各世帯の状況や契約者の都合にあわせて選ぶのが一番。
ここでは、保険料の支払いが負担になりすぎないように考えておく必要があります。
将来的に必要になる金額から逆算していって、サービス内容は十分かどうかを判断するのも良いでしょう。

さらに、この他の基準として挙げられるのは満期の際に受け取れる金額です。
検討している学資保険の支払う金額の総額と、受け取る際の総金額・・・
この二つを比較してみてください。
中には、支払よりも受取額が少ないサービスがあります。
これでは意味がありませんから、そんなサービスを選ばない様に注意しましょう。

Copyright© 2010 Educational Endowment Insurance All Rights Reserved.