学資保険を比較する為の基礎知識

学資保険のメリット・デメリット

画像

定期預金との比較

子供を大学に行かせてあげたい! 大学全入時代の今、その為に学資保険への加入や教育費としての貯蓄を始めようと考えている人は少なくないでしょう。
いずれにしても、出来るだけ早めに始めることが大事なのですが、もちろん検討も必要。
そして、検討しておきたいポイントの一つとして挙げられるのが「定期預金」にするか「学資保険」にするかという点でしょう。

もちろん、いずれも金融商品ですからメリットもデメリットもあります。
しかし、しっかりと比較して自分に合ったものを選んでおかないと後で後悔することになりかねません。
運用性やリスクなど見極める必要があります。

※もちろん、家庭環境や現在の資産額など状況には個人差があるでしょう。
その為、一概にどちらが優れているとは言えません。
だからこそ、どちらを選ぶのが自分にとって賢明な判断なのか・・・
それを考える必要があるのです。

まずは学資保険の注意点について考えてみましょう。
学資保険の場合、お金を受け取ることができるのは平均して子供が12歳になったころ。
中には子供が4・5歳の小さい頃から給付金を受け取ることができるものもありますが、いずれにしても、子どもが小さいうちはもらえる給付金は非常に少ないのです。
そして、子供が成長して大きくなっていくにつれて受け取ることができる給付額が増えていくのが特徴。

この特徴から考えられる結論、それは「途中で解約すると損してしまう」ということです。
学資保険に加入して損をせずに得をする為には満期まで続けること、そして満期学資金を受け取るのが大事。
その為には毎月の保険料は必ず支払う必要があります。
保険料の支払が厳しくなって、途中で解約http://www.robertallen.jp/report/form.htmlしてしまうのは本当に勿体ないですし、それまでに支払った保険料も無駄になってしまいます。
しかし、逆に考えれば、しっかりと満期まで続けることができれば十分な学費を用意しておくことができます。
また、万が一のことがあった場合には元本以上の給付金を受けることができるでしょう。

定期預金は貯蓄性はありますが、万が一の状況を保障することはできません。
また、最近では金利も非常に安くなってしまっています。
貯金をする!
という目的には定期預金の方が適していると言えるかもしれません。
しかし、学費を用意するという本来の目的に立ち返れば、学資保険の優位性は確かでしょう。

もちろん見解は人それぞれですし、状況によって、優位性も変わるでしょう。
いずれにしても、しっかりと検討することが重要です。

Copyright© 2010 Educational Endowment Insurance All Rights Reserved.